×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

東方二次創作

ストーリー

ストーリー

突如として現れる空間の裂け目

外からの侵入者

今 ― 幻想郷に小さな歪み(ゆがみ)が生じる ―

長ったらしいストーリー

※画像用意出来なかったのでレイアウトに不備あり。

幻想郷の外 現嘘魔館(げんきょまかん)付近

元勇者のヤシーユと偽勇者のダークヤシーユ。
彼らは勇者を辞めて(逃げて)、ひそひそと暮らしている
とある館の主と仲が良くなり、よく遊びに行くようになった。

ヤシーユ「さーて今週もあのワインをもらいに行くか。」
ダクヤシ「ちょっ、モノ目当てだったのかよ!」
ヤシーユ「まぁ他にもアイツ(主)に内緒で館の探索もしてるがな」

ダクヤシ「おいおい…。見られちゃヤバイのもあるんじゃないか?」 ヤシーユ「大丈夫だ、問題ない。」

いつもと変わらない館。
いつもと変わらない庭。
いつもと変わらない主。

この後、重大で暢気な事件に巻き込まれるとは誰も予想していなかった。

幻想郷 霧の湖周辺

チルノ「クッソー、何処に隠れたー!」
彼女はチルノ、氷の妖精である。
現在ルーミアとかくれんぼ中。

ガサッ

チルノは音の鳴った方向へ飛び込んでいく。
チルノ「むむっ、そこかぁーっ!」
ルーミア「うわっ、しまった!!」

全速力でアタックされたらたまったものではない。チルノに飛び込まれたルーミアはそのまま倒れこみ…
同時に、何かが切れたような音がする。

チルノ「くっ…アタイとしたことが…ルーミア、大丈夫ー?」
返事はない
チルノ「ルーミア…ってうわっ!?」

ルーミアは物凄い剣幕でこちらを見ている。――頭のリボンは無い。
そして、そのまま振り上げた拳をチルノめがけて振り落とす。(リボンはどうしたんだろう?あぁ、アタイの右手にあるじゃん…。)

幻想郷中に轟音が響き渡った。

同時刻 現嘘魔館

ゴトォン…
突如、館内に轟音が響き渡る――
ヤシーユ「んー何の音だ?見に行ってくる。」
ダクヤシ「俺も行くぞ。嫌な予感がする」
音のした方向に行くヤシーユとダークヤシーユ。

ダクヤシ「そういえば、ここら辺りはワケありで異次元に近いみたいだけど…。」
ヤシーユ「それはアイツ(主)が色々空間弄ってるからだろうな。どうかしてるよ。一回巻き込まれそうになった」
ダクヤシ「そいつはひでぇな。…ん?」

ヤシーユ達は異変の原因と思われるモノを発見した。
ヤシーユ「これが原因か…?おいおい、異空間に繋がってんじゃないかこれ」
ダクヤシ「そうだな…とりあえず報告しとこう」 ヤシーユ「戻るぞ…って、ちょっ…!!」

幻想郷 霧の湖周辺

チルノ「ルーミア大丈夫ー?…ってうわっ!?」

ルーミアは物凄い剣幕でこちらを見ている。――頭のリボンは無い。
(リボンはどうしたんだろう?あぁ、アタイの右手にあるじゃん…。)
ふと目をリボンに移した瞬間

幻想郷中に轟音が響き渡った。

漫画にしてみようという予定もあったのですが、辞めました。読みづらいのですが、その残骸→test.pdf (PDF形式 1.54MB)

Copyright (C) 2011- 五層式洗濯機 All Rights Reserved.